婚活パーティーやお見合いというのは少し堅苦しいイメージがありませんか?確かに結婚は人生の一大イベントですが、せっかくならイベントみたいに楽しみながら結婚相手を見つけるのも悪くはないはずです。最近では色々な種類の婚活パーティーがあるので、ぜひ気になった婚活パーティーに参加してみましょう。
話しかけるキッカケが気軽に作れる
イベント系婚活パーティーで、
新しい誰かに出会おう。
生ビールとハートのアイコン

香水は印象に残りやすいので出会いに有利!

人によって出会い方も様々ですが、その中でも共通するものが香りです。
人間は視覚だけでなく嗅覚で恋に落ちたり興味をそそられたりする生き物なので、いい匂いのする香水などを嗅ぐとそれだけで相手に自分の印象を残すことが出来るのです。
なので、出会いを求めている人やモテるためのアピールアイテムとして香水を使用し、まずは相手の嗅覚から自分の印象を残し徐々に評価を上げることも方法の一つになってきます。
香水の香りは人によって好みがありますが、特に男性や女性に好まれる香りは決まってくるので、初めて使用する方はお店で人気の高い香水から初めていくと良いです。

また香水は、時間経過や汗、その日の気温や肌のph濃度によって香りが変化してくるので、同じ香水をつけていても人によって少し違った香りに変化したりもします。
そんなところも魅力的で、相手からの評価が上がるポイントになるので、正しい香水の使用方法も一緒に身につけておくことが大切です。
香水はつけすぎると香りが強く返って逆効果になってしまいますし、控えめにつけると香りが感じられなかったりと意外と扱いが難しい所があります。

一番いい香水の基本的なつけ方は、左右の両手首や足首などの大きく動く部分や、うなじや首の後ろなどが代表的な箇所になります。
その他にもひざの裏などは歩くたびに香りが後方に広がるので、すれ違った際などにふわっと香りが残り印象を残すテクニックにもなります。
香水は体温が高い部分につけると香りが強く、低い部分につけるとほんわりと優しく香ってくれるので、つける場所が肝心になります。

スプレータイプになっていないものは、付けたい場所に落とすように付け擦らずに押さえながら馴染ませます。
スプレータイプのものは肌から少し離しふりかけるように付けるのが正しい付け方になり、手首につける際にも片方に付け擦り合わせるのではなく、左右にスプレーしてください。
どこに付けるにしても擦り合わせてしまうと、香りの粒子を壊してしまうので擦ることはやめましょう!髪の毛に付ける時には、シャンプーの残り香と混ざり合ってしまうことがあるので気をつけましょう。
また自分の体臭と混ざり会った時に、気にならず、香りを感じない程度が一番合っているベストな香りになるので、そこも頭に入れつつ香りを作っていくとうまく扱っていきやすいです。
このように香水をうまく利用することで、いい匂いと共に自分の印象を相手に強く残し素敵な出会いを見つけましょう。