婚活パーティーやお見合いというのは少し堅苦しいイメージがありませんか?確かに結婚は人生の一大イベントですが、せっかくならイベントみたいに楽しみながら結婚相手を見つけるのも悪くはないはずです。最近では色々な種類の婚活パーティーがあるので、ぜひ気になった婚活パーティーに参加してみましょう。
話しかけるキッカケが気軽に作れる
イベント系婚活パーティーで、
新しい誰かに出会おう。
生ビールとハートのアイコン

Facebookで気になってた人と繋がれる!

友達の状況を知ったりかつての友人など探したりするのに便利なFacebookですが、友達リクエストを使えば知らない人ともつながることができるようになっています。
それで気になっていた人と繋がれるのではないかと考えた人もいるかもしれませんが、投稿している人とFacebookで友達申請をしても出会いが作れるということはまずないので注意してください。
手当たり次第に友達申請をしているとアカウントを停止されるような場合もあります。
それに知らない人の友達リクエストを承認する人はまずいませんし、したところで話題もなかなか作れません。
Facebookを使って気になった人と繋がるためにはそれなりにコツとテクニックがいるのです。
それについてご説明していきます。

まず一つ目の方法としては友達に紹介してもらうという方法です。
友達の投稿ページで気になる異性を見つけても、友達リクエストを承認してもらえることはほぼないと言えます。
全く知らない人からいきなり友達になってくださいとアプローチされて承認する人はまずいないと言えるからです。
しかし共通の友人を通して紹介してもらうことによって友達にまで関係を発展させることができるのです。

それからイベントなどに参加するという方法もあります。
一緒に写真に写っているあの素敵な人を紹介してくださいとなかなか言えないならば、自分で気になった人に近づいていくしかありません。
その場合異性と出会う方法の中で自然に出会うことができるのが、イベントに参加するというテクニックです。

同窓会や飲み会はもちろん、セミナー勉強会のイベントを企画している人から、趣味イベントへの紹介があれば気になっていた人と繋がれる可能性がやや増えてきます。
自分が参加したイベントに好みの異性がいないとしてもその機会に仲良くなることによって距離感を縮めていくというテクニックがあるのです。
何しろ実名で登録しなければいけないFacebookですから仲良くなるのはそれほど難しくありません。
実名で登録しているという時点でかなり安心感があるのです。

Facebook連携のマッチングアプリを使うのも手です。
Facebook型のマッチングアプリなどが出ているのをご存知でしょうか。
Facebookのアカウントを使って「OMIAI」や「ペアーズ」、「with」などと言ったサイトの会員になれば気になる人と繋がっていけるきっかけが出てきます。
そこの会員に気になっていた人がいなければ意味がないので自分でイベントを企画してさりげなく誘うというテクニックがあります。
また友達募集のグループやコミュニティに参加していくことでも近づけます。